コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

二眼レフ ニガンレフ

2件 の用語解説(二眼レフの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

にがん‐レフ【二眼レフ】

撮影用レンズと同じ焦点距離をもつファインダー用レンズが別についているレフレックスカメラ

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カメラマン写真用語辞典の解説

二眼レフ

 撮影レンズの上に、撮影レンズと同じ焦点距離を持つビューレンズがあり、そのビューレンズから入った光を内部のミラーで上方に反射して、スクリーンに映った像を上方からのぞく方式のカメラ。像は左右逆像になるので、動きのある被写体を写すには慣れが必要である。また、腰の高さにカメラを構えて写すために、このタイプのファインダーを「ウエストレベルファインダー」という。二眼レフはもともと立体写真を撮るステレオカメラから発達したもので、ローライの6×6cm判がパイオニア。その後、35mm判のツアイス・コンタフレックスや4×4cm判のベビーローライなども出た。現在では、デジタルカメラでミニチュア型の二眼レフもある。

出典|カメラマンWeb
解説は執筆時の情報に基づいており、現時点で最新の内容であることを保証するものではありません。

二眼レフの関連キーワードコンバージョンレンズ単焦点レンズ広角レンズコンバーターレンズ写真レンズ視野レンズ対眼レンズテレコンバーターマスターレンズミラーレンズ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

二眼レフの関連情報