二股ラジウム温泉(読み)ふたまたラジウムおんせん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「二股ラジウム温泉」の解説

二股ラジウム温泉
ふたまたラジウムおんせん

北海道南西部,長万部町にある温泉。二股川の渓谷沿い,周囲原生林に包まれた閑静な環境にある。泉質食塩泉泉温は 50℃。温泉の石灰分が凝固した石灰華ドームを前にし,内湯露天風呂浴槽にも石灰分が付着して石のようになっている。神経痛婦人病,胃腸病などに効能が高く,長期滞在の湯治客が多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

粉骨砕身

骨を粉にし、身を砕くこと。力の限り努力すること。一所懸命働くこと。[活用] ―する。[使用例] こうなったら、粉骨砕身、身をなげうって社長の政界入りをお手助けせにゃあ[三島由紀夫*近代能楽集|1950...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android