二見貴知雄(読み)ふたみ きちお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

二見貴知雄 ふたみ-きちお

1897-1957 昭和時代の銀行家。
明治30年2月生まれ。二見鏡三郎の子。日本銀行にはいり,昭和24年副総裁。29年東京銀行頭取となる。戦前は国際決済銀行(BIS)理事,戦後は対フィリピン賠償会議全権委員をつとめた。昭和32年3月23日死去。60歳。京都出身。東京帝大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android