コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

二重差押え にじゅうさしおさえ saisie sur saisie

2件 の用語解説(二重差押えの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

二重差押え
にじゅうさしおさえ
saisie sur saisie

債務者の特定財産についてすでに他の債権者が差押えを行なっている場合に,のちに他の債権者が重ねて差押えを行うこと。有体動産に対する執行の場合には,二重差押えは禁止され,二重差押えの申立てがあったときは,原則として未差押えの他の有体動産があるときは追加差押えをして後行事件と先行事件を併合し,後行事件の申立てに配当要求の効力を認めている (民事執行法 125) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

にじゅう‐さしおさえ〔ニヂユウさしおさへ〕【二重差(し)押(さ)え】

ある債権者のためにすでに差し押さえられた財産を、さらに他の債権者のために差し押さえること。民事執行法上、動産については禁止されている。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

二重差押えの関連キーワード債権者代位権債務相殺権共益費債務保証相続債権者第三債務者転付抵当権者債権・債務