二重神経支配(読み)にじゅうしんけいしはい(英語表記)double innervation

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

二重神経支配
にじゅうしんけいしはい
double innervation

重複神経支配ともいい,おもに脊椎動物の内臓の器官に対して,交感神経と副交感神経に属する両方の神経が,相反する支配を行なっていること。たとえば心臓の拍動は,交感神経の刺激によって速まり,副交感神経に属する迷走神経の刺激によって遅くなる。虹彩の場合には,放射状筋を収縮させる交感神経は瞳孔を開かせ,環状筋を収縮させる副交感神経は瞳孔を縮小させる。こうした相反的二重支配により,きめの細かい調節が容易となる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android