コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

二重神経支配 にじゅうしんけいしはいdouble innervation

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

二重神経支配
にじゅうしんけいしはい
double innervation

重複神経支配ともいい,おもに脊椎動物の内臓の器官に対して,交感神経と副交感神経に属する両方の神経が,相反する支配を行なっていること。たとえば心臓の拍動は,交感神経の刺激によって速まり,副交感神経に属する迷走神経の刺激によって遅くなる。虹彩の場合には,放射状筋を収縮させる交感神経は瞳孔を開かせ,環状筋を収縮させる副交感神経は瞳孔を縮小させる。こうした相反的二重支配により,きめの細かい調節が容易となる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android