五・一三暴動(読み)ご・いちさんぼうどう(英語表記)May 13 Disturbances

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

五・一三暴動
ご・いちさんぼうどう
May 13 Disturbances

マレーシアにおける人種暴動。アブドゥル・ラーマン政権は独立以来「多民族融和」を唱えつつも,現実には経済的実権をもつ中国系住民に対して,政治,軍事,宗教,教育,言語などでマレー人優先政策をとってきた。 1969年5月 10日の総選挙の結果,与党連盟党が後退する一方,支持基盤が中国系住民で「マレーシア人のマレーシア」を唱えた民主行動党とマレーシア人民運動党の野党が躍進した。 13日,両党の祝勝デモと統一マレー人国民組織側のデモが衝突,死者は 196人に上った。 14日,国王は全国に非常事態を布告,憲法と議会を停止し,国家作戦評議会が執行機関となった。後継ラザク政権は 70年以降,ルクネガラ (五大基本方針) 公表,マレー人の特権維持のための憲法改正,新経済政策導入など一連のブミプトラ政策を展開した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ダイバーシティ

ダイバーシティとは、多様な人材を積極的に活用しようという考え方のこと。 もとは、社会的マイノリティの就業機会拡大を意図して使われることが多かったが、現在は性別や人種の違いに限らず、年齢、性格、学歴、価...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android