五三の桐(読み)ゴサンノキリ

  • ごさん
  • の 桐(きり)
  • 五三
  • 五三の×桐

精選版 日本国語大辞典の解説

紋所の名。桐の葉を三枚ならべて垂らし、その上方に、中央は花を五つ、その左右には三つずつ配したもの。豊臣家の紋として有名。
※洒落本・美地の蠣殻(1779)「くろしゅすの半ゑり。もへぎはかたの帯。紋は、五三の桐もお定り」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android