コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

五三 ゴサン

大辞林 第三版の解説

ごさん【五三】

〔江戸時代、寛文(1661~1673)頃まで京都島原の太夫の揚げ代が、銀五三匁もんめであったところから〕
遊女の最高位である太夫の異名。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

五三の関連キーワード杵屋五三郎(3代)かまぼこの日卯の花月夜大宮仕へ道行き苞五十三次行き憚る欠け穿ぐ扱き敷く人妻児ろ掻き数ふ風の音の可古の島横山辺ろ江戸時代恙み無し荒磯波真愛し清史稿旅送り

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

五三の関連情報