五体不具穢(読み)ごたいふぐえ

精選版 日本国語大辞典の解説

ごたいふぐ‐え ‥ヱ【五体不具穢】

〘名〙 触穢(しょくえ)の一つ。獣類にかまれて身体の一部を欠損して死に至った者が出たり、これに準ずる不祥事が発生したりした際に、穢に触れた場での公儀を中止することや、穢に関わりある者が七日あるいは三〇日の間謹慎すること。五体不具。〔北山抄(1012‐21頃)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

グリンパティック系

脳内でリンパ系と同様のはたらきをもつ循環システム。グリア細胞(神経膠細胞)が血管周囲に形成したパイプ状の構造に脳脊髄液を循環させ、脳内に蓄積した老廃物を除去する。覚醒時より睡眠時の方がより活動的である...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android