七日(読み)ナヌカ

  • なのか

デジタル大辞泉の解説

日の数の七つ。7日間。1週間。
月の第7の日。特に、正月7日、七夕の7月7日などをいう。 新年》「すずろいでて松笠拾ふ―かな/水巴
七夜(しちや)」に同じ。
「君が経む八百万代を数ふればかつがつ今日ぞ―なりける」〈拾遺・賀〉
七日七日」に同じ。
「真砂君―のわざを」〈宇津保・菊の宴〉
なぬか」の音変化。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 日の数七つ。また、七日間。一週間。なのか。
※万葉(8C後)一七・四〇一一「近くあらば いま二日だみ 遠くあらば 奈奴可(ナヌカ)のをちは 過ぎめやも」
② 暦の月の初めから七番目の日。また特に、正月の七日、京の祇園祭の六月七日、七夕の七月七日など、特定の月の七番目の日のことを月を明示せずにいう。なのか。《季・新年》
※蜻蛉(974頃)上「あまのかは七日をちぎる心あらば星あひばかりのかげをみよとや」
③ ある事があった日から数えて七番目の日。七日目。
※栄花(1028‐92頃)くもの振舞「大将殿、世中の御心ちわづらはせ給けり。七日といふにうせさせ給ぬ」
④ 小児が誕生して七日目。また、この日に行なわれた産養(うぶやしない)の祝い。しちや。
※拾遺(1005‐07頃か)賀・二六八「君がへむやほ万代を数ふればかつがつけふぞなぬかなりける〈大中臣能宣〉」
⑤ 近世、一一月二二日から同二八日までの御講の期間。また、その期間の天候状態。御講日和(びより)
※雑俳・柳多留‐一三(1778)「夫婦の取組晴天七日なり」
⑥ 女子の月経の期間。
※後水尾院当時年中行事(1681)下「月の障りの人七日の間はまひりものの清き器に手ふれず」
[補注]→「なのか(七日)」の補注
〘名〙 (「なぬか(七日)」の変化した語)
※読本・南総里見八犬伝(1814‐42)五「弁天堂に七日(ナノカ)(ばかり)参籠して」
※読本・南総里見八犬伝(1814‐42)六「没遺(いりのこ)りたる七日(ナノカ)の月の、山陜になほ幽なる」
[補注]現代東京語では「なのか」が優勢だが、「なぬか」の例は奈良・平安・鎌倉時代に多数見られ、現代でも関西で多用される。「なのか」の確例に乏しいのは、これが東日本で生まれた新しい形だからか。江戸の人であった滝沢馬琴の「南総里見八犬伝」には「なのか」の例が多い。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

七日の関連情報