七日(読み)ナヌカ

デジタル大辞泉の解説

なぬ‐か【七日】

日の数の七つ。7日間。1週間。
月の第7の日。特に、正月7日、七夕の7月7日などをいう。 新年》「すずろいでて松笠拾ふ―かな/水巴
七夜(しちや)」に同じ。
「君が経む八百万代を数ふればかつがつ今日ぞ―なりける」〈拾遺・賀〉
七日七日」に同じ。
「真砂君―のわざを」〈宇津保・菊の宴〉

なの‐か【七日】

なぬか」の音変化。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

なぬか【七日】

なのか」に同じ。
なのか」に同じ。また特に、正月七日、七月七日。
子どもが生まれて七日目の日。お七夜。
人の死後、七日ごとに営む仏教の法事。また、その日。特に、最初の「初七日しよなぬか」と最後の「七七日なななぬか」。

なのか【七日】

〔「なぬか」の転〕
日の数七つ。また、連続したその期間。
暦の月の七番目の日。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

七日の関連情報