コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

触穢 しょくえ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

触穢
しょくえ

そくえとも読む。死穢産穢月経などの穢れに触れること。昔は触になると,神事朝参を慎んだ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

しょく‐え〔‐ヱ〕【触×穢】

死穢・弔喪(ちょうそう)・産穢・月経などのけがれに触れること。昔は、けがれに触れた人は一定期間、神事を行ったり宮中へ参内したりすることができなかった。そくえ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しょくえ【触穢】

死・出産・月経などにかかわって、体や器物がけがれること。かつては、神事や朝参などを慎んだ。そくえ。

そくえ【触穢】

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の触穢の言及

【穢】より

…たとえば《魏志倭人伝》には3世紀ごろの倭人の習俗として,死者の遺族が十数日の喪に服し,最後に全員水浴して穢を浄化することを記している。また触穢(しよくえ)という汚染の段階的な規定も早くから制度化されたが,たとえば《延喜式》臨時祭の条には死穢の甲乙丙丁展転の規定がある。甲の家族に死穢が発生した場合,乙が甲の家で着座すると乙の家族全員が汚染し,乙の家に丙が着座すると丙一人が汚染し彼の家族は無事である。…

※「触穢」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

触穢の関連キーワード踏み合わせ・踏み合せ法曹至要抄部落問題行き触れ服忌令永正記北山院雑穢賤民忌み器物物忌

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android