五勝手屋羊羹

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

五勝手屋羊羹
ごかってやようかん

北海道江差(えさし)町の名物羊かん。十勝(とかち)産ササゲの表皮を除き、諏訪(すわ)天(信州寒天)をあわせて入念に練り上げた羊かんで、深い小豆(あずき)色を呈した棹(さお)物にはしっとりした照りがあり、品位を備えている。五勝手屋は宝暦(ほうれき)年間(1751~64)の創業で、1870年(明治3)に至り現在の羊かん一筋に切り替えた。屋号はアイヌ語のホカイテ(波の打ち寄せる浜)からとったといわれ、松前藩時代には藩公の紋菓を献上した。往時を語る落雁(らくがん)の木型も残されている。[沢 史生]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android