五十猛命(読み)イタケルノミコト

大辞林 第三版の解説

いたけるのみこと【五十猛命】

日本書紀の神話の神。素戔嗚尊すさのおのみことの子。新羅しらぎから樹種を持ち帰り、大八洲おおやしま国全土に植えた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

いたける‐の‐みこと【五十猛命】

「日本書紀」の一書に見える神。素戔嗚尊(すさのおのみこと)の子。父とともに新羅(しらぎ)に渡ったが、のち、樹種を持って出雲に移住し、全国に植林した。和歌山市伊太祈曾(いだきそ)の伊太祁曾神社の祭神。大屋毘古命(おおやびこのみこと)と同神ともいう。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の五十猛命の言及

【伊太祁曾神社】より

…和歌山市伊太祁曾に鎮座。五十猛(いたける)命と大屋津比売(ひめ)命(左脇殿),都麻津(つまつ)比売命(右脇殿)をまつる。《日本書紀》によると,五十猛命は素盞嗚(すさのお)尊の子で〈木種を分布する〉と記されており,木の神として有名で,紀伊国の祖神ともいわれる神である。…

【度津神社】より

…新潟県佐渡郡羽茂(はもち)町飯岡に鎮座。五十猛(いたける)命をまつる。一説に海童(わたつみ)神をまつるという。…

※「五十猛命」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android