コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

青山 あおやま

22件 の用語解説(青山の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

青山
あおやま

三重県北西部,伊賀市南部の旧町域。上野盆地南東端から布引山地西斜面に広がる。 1955年阿保 (あお) 町,上津村,種生 (たなお) 村,矢持村が合体して町制。 2004年上野市,伊賀町,島ヶ原村,阿山町,大山田村と合体して伊賀市となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

青山
あおやま

東京都港区北西部の地区。地名は,徳川家康の小姓青山忠成が土地を拝領したことに由来。大山街道に沿って武家屋敷や社寺があったところ。明治以後練兵場,兵営など軍関係施設が多かった。現在は都心の高級住宅街,商業地。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

あお‐やま〔あを‐〕【青山】

草木が青々と茂っている山。青嶺(あおね)。

あおやま【青山】[地名]

東京都港区の地名。江戸初期、青山常陸介(ひたちのすけ)忠成の屋敷があった。南部に青山霊園がある。

せい‐ざん【青山】


樹木が青々と茂っている山。
蘇軾「授獄卒梁成以遺子由」の一節「青山に骨を埋むべし」から》人が死んで骨を埋める土地。墳墓の地死に場所。「人間到(いた)る所青山あり」
琵琶の名器の名。平安前期、藤原貞敏が唐から持ち帰ったものという。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

青山【あおやま】

東京都港区北西部を占める北青山・南青山両町一帯の称。山の手台地末端の高台にあたり,赤坂に接し,江戸時代は社寺,武家屋敷のあったところで,明治以後兵営,練兵場がつくられた。
→関連項目港[区]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

青山 せいざん

?-? 江戸時代中期の陶工。
京都清水(きよみず)風の染め付けの菓子鉢,花瓶などの雑器に青山の銘印がみえる。明和(1764-72)ごろの作という。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

あおやま【青山】

東京都港区西部から渋谷区東部へかけての地区名。旧赤坂区の一部。武蔵野(山手)洪積台地の一部で,標高20~30mの台地を多くの谷が刻んでいる。江戸市街地の外縁部に当たり,大名下屋敷,武家屋敷が多かった。明治以後,これらの広い屋敷の敷地を利用して,高級住宅地が発達した。青山大膳亮の下屋敷跡地は,1872年(明治5)日本で最初の公営墓地青山霊園(約30万m2)となった。第2次世界大戦中に大部分が戦災を受けたが,高級マンションの多い住宅地として再生した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

あおやま【青山】

樹木が茂って、青々とした山。

あおやま【青山】

東京都港区北西部の地名。江戸時代は武家屋敷が多く、青山通りは若者の街として知られる。

あおやま【青山】

姓氏の一。

せいざん【青山】

木が青々と生い茂った山。青峰。
〔蘇軾の詩「授獄卒梁成以遺子由」の一節「是処青山可骨」から〕 骨を埋める地。墳墓の地。 「人間じんかん到る処ところ-あり」
唐から伝来したといわれる琵琶の名器の名。 「彼の-と申す御琵琶は/平家 7

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔地域名〕青山(あおやま)


東京都港(みなと)区北西部の住宅・商業地区。
青山通りを境に北青山と南青山に分かれる。江戸時代は武家屋敷や寺社が点在。明治期に高級住宅街へ発展、青山霊園・軍関係施設などがつくられた。青山通り沿いにはファッション関係の業務ビルが立ち並ぶ。◇「青山」の地域名は徳川家康の重臣であった青山家の屋敷があったことに由来する。

〔東京都〕青山(あおやま)


東京都港(みなと)区北西部の住宅・商業地区。青山通りを境に北青山と南青山に分かれる。江戸時代は武家屋敷や寺社が点在した地。明治期に高級住宅街へ発展、青山霊園・軍関係施設などがつくられた。国道246号の青山通り沿いにファッション関係ほかの業務ビルがめだつ。ほかは大部分が住宅地。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

青山の関連キーワード木崎樹木木・樹・柝木原五薬めきめき木・沐・目・默・黙木田木本植物

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

青山の関連情報