コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊太祁曽神社 イタキソジンジャ

3件 の用語解説(伊太祁曽神社の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

いたきそ‐じんじゃ【伊太祁曽神社】

和歌山市伊太祈曽にある神社。主祭神は五十猛命(いたけるのみこと)紀伊国一の宮。山東宮。いたけそじんじゃ。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

伊太祁曽神社
いたきそじんじゃ

和歌山市伊太祈曽(いだきそ)に鎮座。五十猛命(いたけるのみこと)(大屋毘古命(おおやひこのみこと))と、脇殿(わきでん)に大屋津比売命(おおやつひめのみこと)、都麻津比売命(つまつひめのみこと)を祀(まつ)る。五十猛命は素盞嗚尊(すさのおのみこと)の子、脇殿2神はその妹神。五十猛命は天降(あまくだ)るとき樹種をもってきて、この国に植林したことから木の神として有名である。初め現在の日前(ひのくま)、国懸(くにかかす)両神宮の地に祀られていたが、その創建により713年(和銅6)現在地に遷座した。『延喜式(えんぎしき)』の名神(みょうじん)大社。1873年(明治6)県社に列格。85年国幣中社、1918年(大正7)官幣中社に昇格した。例祭は10月15日。特殊神事として、1月15日の卯杖(うづえ)祭、4月第1日曜日の木祭、7月30日の茅輪(ちのわ)祭がある。[寳來正彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

伊太祁曽神社の関連情報