コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大八洲 おおやしま

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大八洲
おおやしま

日本の古称。国生み神話に由来する国名。『古事記』では,イザナミノミコト所生の淡路,伊予 (四国) ,隠岐,筑紫 (九州) ,壱岐,対馬,佐渡,大倭豊秋津島 (本州) の8つの島から成る。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

おお‐やしま〔おほ‐〕【大八洲】

《「大八洲国(おおやしまぐに)」の略。多くの島からなる国の意》日本の異称。
「深き御うつくしみ―にあまねく」〈・明石〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おおやしま【大八洲】

日本の古称・美称。古事記・日本書紀に伊弉諾いざなぎ・伊弉冉いざなみ二神の生んだ島々の総称としてみえる。おおやしまぐに。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大八洲
おおやしま

神話に基づく日本の美称。伊弉諾(いざなぎ)・伊弉冉尊(いざなみのみこと)の二神の国生みによって生じた八つの島をいうが、本来、「おお」は美称、「や」は多数の意で、「多くの島」を意味する。『日本書紀』は、大日本豊秋津洲(おおやまととよあきづしま)(本州)、伊予二名洲(ふたなのしま)(四国)、筑紫洲(つくししま)(九州)、億岐洲(おきのしま)、佐渡洲、越(こしの)洲(北陸道)、大洲(おおしま)(山口県屋代(やしろ)島か)、吉備子洲(きびのこじま)(岡山県児島半島)をあげるが、異伝もある。たとえば『古事記』は越洲以下を欠き、加えて淡路、対馬(つしま)、壱岐(いき)の8島とする。[藁科勝之]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

大八洲の関連キーワードイタケルノカミ(五十猛神)伊弉諾尊・伊弉冉尊生島足島神社高天原系神話千家 尊福香取 秀真山田 旭南鈴木 忠孝越後山脈建日方別鳥居重栄青山鉄槍久米幹文秋山和光三浦層群五十猛命本居豊穎巨人伝説小田成胤日本神話

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大八洲の関連情報