コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大八洲 おおやしま

4件 の用語解説(大八洲の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大八洲
おおやしま

日本の古称。国生み神話に由来する国名。『古事記』では,イザナミノミコト所生の淡路,伊予 (四国) ,隠岐,筑紫 (九州) ,壱岐,対馬,佐渡,大倭豊秋津島 (本州) の8つの島から成る。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

おおやしま【大八洲】

日本の古称・美称。古事記・日本書紀に伊弉諾いざなぎ・伊弉冉いざなみ二神の生んだ島々の総称としてみえる。おおやしまぐに。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大八洲
おおやしま

神話に基づく日本の美称。伊弉諾(いざなぎ)・伊弉冉尊(いざなみのみこと)の二神の国生みによって生じた八つの島をいうが、本来、「おお」は美称、「や」は多数の意で、「多くの島」を意味する。『日本書紀』は、大日本豊秋津洲(おおやまととよあきづしま)(本州)、伊予二名洲(ふたなのしま)(四国)、筑紫洲(つくししま)(九州)、億岐洲(おきのしま)、佐渡洲、越(こしの)洲(北陸道)、大洲(おおしま)(山口県屋代(やしろ)島か)、吉備子洲(きびのこじま)(岡山県児島半島)をあげるが、異伝もある。たとえば『古事記』は越洲以下を欠き、加えて淡路、対馬(つしま)、壱岐(いき)の8島とする。[藁科勝之]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大八洲の関連情報