伊太祁曾神社(読み)いだきそじんじゃ

百科事典マイペディアの解説

伊太祁曾神社【いだきそじんじゃ】

和歌山市伊太祁曾に鎮座。旧官幣中社。五十猛(いたける)命・大屋津姫命・都麻津姫(つまつひめ)命をまつる。延喜式内の名神大社とされる。例祭10月15日。ほかに卯杖祭,茅の輪祭など。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

いたきそじんじゃ【伊太祁曾神社】

和歌山市伊太祁曾に鎮座。五十猛(いたける)命と大屋津比売(ひめ)命(左脇殿),都麻津(つまつ)比売命(右脇殿)をまつる。《日本書紀》によると,五十猛命は素盞嗚(すさのお)尊の子で〈木種を分布する〉と記されており,木の神として有名で,紀伊国の祖神ともいわれる神である。はじめ現在の日前国懸(ひのくまくにかかす)神宮の社地にまつられていたが,その創建により713年(和銅6)現社地に遷座されたと伝える。《延喜式》では名神大社。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android