五十瓊敷入彦命(読み)いにしきいりひこのみこと

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

五十瓊敷入彦命 いにしきいりひこのみこと

記・紀にみえる垂仁(すいにん)天皇の皇子。
母は日葉酢媛(ひばすひめの)命。弟に景行天皇。河内(かわち)(大阪府)の茅渟(ちぬの)池などをきずく。剣1000口をつくり,大和の石上(いそのかみ)神宮におさめた。後年,その管理を妹の大中姫(おおなかつひめの)命を通じて物部十千根(もののべの-とおちね)にゆだねたという。「古事記」では印色之入日子命。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android