茅渟(読み)チヌ

  • ×茅×渟/海=鯽
  • 地名
  • 茅渟 (チヌ)

百科事典マイペディアの解説

大阪府和泉(いずみ)地方の古名。血沼・血渟・珍努・珍・千沼などとも書かれる。律令制下の和泉国和泉郡とその周辺部をも含んだ地域名であるが,正確な範囲は不明。同地域に面する海をチヌの海と称した。《古事記》神武段に,神武東征の時,の五瀬命(いつせのみこと)が矢傷をうけた手を洗ったことから〈血沼海〉と称したとの説話があり,《万葉集》にはこの海を詠んだ歌がある。《日本書紀》允恭8年・9年・10年・11年条には,允恭天皇寵妃衣通姫(そとおりひめ)のために〈茅渟宮〉をつくり,しばしば行幸して日根野(ひねの)で猟した記事がある。この渟宮と深い関係にあったと考えられるものにチヌの(あがた)・チヌの県主(あがたぬし)があり,《日本書紀》崇神7年条,雄略14年条などにみえる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

和泉国沿岸の古名。現在の大阪湾の東部、堺市から岸和田市、泉南郡にかけての湾岸。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

大阪湾の東部、和泉国(大阪府南部)の沿岸の古称。現在の堺市から岸和田市を経て泉南郡までの一帯にあたる。千沼・血沼・血渟・珍努などとも表記された。→茅渟の海
※書紀(720)神武即位前「五月の丙寅朔癸酉の日、軍(みいくさ)茅渟(ちぬ)の山城水門に至る。〈亦の名山の井の水門。茅渟。此を智怒(チヌ)と云〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

茅渟の関連情報