コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

五城目城 ごじょうめじょう

1件 の用語解説(五城目城の意味・用語解説を検索)

日本の城がわかる事典の解説

ごじょうめじょう【五城目城】

秋田県南秋田郡五城目町の森山にあった安土桃山時代から江戸時代の初めにかけての山城(やまじろ)。天正年間の安東氏(秋田氏)の内紛(湊合戦)の後、五城目(五十目)地域を支配した藤原内記秀盛の居城とされる。藤原氏はこののち五十目氏を称するようになり、市や座を保護し五城目の基礎をつくった領主とされている。城跡には帯郭、物見の跡が残り、また発掘調査で整地、盛地跡、柵列跡が確認されたほか、森山の麓に城主の屋敷跡も確認された。この城は秋田氏の常陸国宍戸への転封に伴い破却された。本来の五城目城は天守を持たないが、現在城跡のある森山中腹には模擬天守が建っており、内部は森林資料館になっている。秋田自動車道五城目八郎潟ICから車で約10分。◇砂沢城とも呼ばれる

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

五城目城の関連キーワード秋田県秋田空港秋田県民会館秋田フォーラスおおがた大森山動物園ミルヴェ五城目西武秋田店五城目朝市五城目[町]

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

五城目城の関連情報