コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

物見 ものみ

4件 の用語解説(物見の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

物見
ものみ

見物をすること。また事物を視察,展望する意から,展望する場所をもいい,城郭や邸の物見櫓,戦場において敵情を視察し,その動静を探索する斥候をいう。また編笠などの切抜き穴や牛車の左右にある窓,幕や几帳ののぞき穴をいう。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

もの‐み【物見】

[名]
物事を見ること。見物すること。「物見に出かける」
戦陣で、敵情を探ったり見張りをしたりすること。また、その人。「物見を遣る」
物見台」「物見櫓(やぐら)」の略。
外を見るために設けた窓や穴。
㋐牛車(ぎっしゃ)の左右の立て板に設けた窓。
㋑壁や編み笠などに設けた穴。
見る価値のあるもの。すぐれたみもの。
「これ程の―を一期(いちご)に一度の大事ぞ」〈義経記・六〉
[形動ナリ]みごとなさま。りっぱなさま。
「松茸の―なるを一折」〈咄・醒睡笑・七〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ものみ【物見】

眺望のために設けられた施設。見物のための場所。
敵軍の所在・勢力・布陣などを偵察すること。また、その任務にあたる兵もしくは小部隊。斥候せつこう。 「 -を出す」
名所や人でにぎわう所へ行って見ること。 「 -に出かける」
見るだけの価値のあるもの。みもの。 「これ程の-を一期に一度の大事ぞ/義経記 6
外を見るために設けた窓。
牛車ぎつしやの網代あじろや立て板に設けた窓。
壁や編み笠などに設けた穴。
城や屋敷の一部に外部を見るために設けたやぐらや楼など。
大型和船の尾倉内部に設ける、船底の淦水あかみずのたまりぐあいを見る所。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

物見
ものみ

物事を見る意から、祭礼や展覧会などの催し物を見物することをいう。転じて、物を見るところの意から、城や屋敷に設けられた物見櫓(やぐら)のような遠方を望み見る高楼や、牛車(ぎっしゃ)、駕籠(かご)、輿(こし)などにつけられた小窓のほか、幕、編笠(あみがさ)などの外をのぞき見るための穴をいう。また戦場などで、敵の動静などを探ることや、その任にあたる斥候を意味する。物見車は祭礼の見物や遊山の際に用いられた牛車、物見姿といえば物見遊山のときのよそ行きの服装で、物見高いという語はなんでも珍しがって見物する好奇心の強いことをいう。[宇田敏彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

物見の関連キーワードスキー八雲愛人松柏砂山チェリー徵・懲・丁・兆・凋・嘲・寵・帳・庁・廳・弔・張・彫・徴・懲・挑・暢・朝・潮・澄・牒・町・眺・聴・聽・肇・脹・腸・調・諜・貼・超・跳・重・釣・銚・長・頂・鳥花菱目偏

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

物見の関連情報