コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

物見 ものみ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

物見
ものみ

見物をすること。また事物を視察,展望する意から,展望する場所をもいい,城郭や邸の物見櫓,戦場において敵情を視察し,その動静を探索する斥候をいう。また編笠などの切抜き穴や牛車の左右にある窓,幕や几帳ののぞき穴をいう。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

もの‐み【物見】

[名]
物事を見ること。見物すること。「物見に出かける」
戦陣で、敵情を探ったり見張りをしたりすること。また、その人。「物見を遣る」
物見台」「物見櫓(やぐら)」の略。
外を見るために設けた窓や穴。
㋐牛車(ぎっしゃ)の左右の立て板に設けた窓。
㋑壁や編み笠などに設けた穴。
見る価値のあるもの。すぐれたみもの。
「これ程の―を一期(いちご)に一度の大事ぞ」〈義経記・六〉
[形動ナリ]みごとなさま。りっぱなさま。
「松茸の―なるを一折」〈咄・醒睡笑・七〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ものみ【物見】

眺望のために設けられた施設。見物のための場所。
敵軍の所在・勢力・布陣などを偵察すること。また、その任務にあたる兵もしくは小部隊。斥候せつこう。 「 -を出す」
名所や人でにぎわう所へ行って見ること。 「 -に出かける」
見るだけの価値のあるもの。みもの。 「これ程の-を一期に一度の大事ぞ/義経記 6
外を見るために設けた窓。
牛車ぎつしやの網代あじろや立て板に設けた窓。
壁や編み笠などに設けた穴。
城や屋敷の一部に外部を見るために設けたやぐらや楼など。
大型和船の尾倉内部に設ける、船底の淦水あかみずのたまりぐあいを見る所。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

物見
ものみ

物事を見る意から、祭礼や展覧会などの催し物を見物することをいう。転じて、物を見るところの意から、城や屋敷に設けられた物見(やぐら)のような遠方を望み見る高楼や、牛車(ぎっしゃ)、駕籠(かご)、輿(こし)などにつけられた小窓のほか、幕、編笠(あみがさ)などの外をのぞき見るための穴をいう。また戦場などで、敵の動静などを探ることや、その任にあたる斥候を意味する。物見車は祭礼の見物や遊山の際に用いられた牛車、物見姿といえば物見遊山のときのよそ行きの服装で、物見高いという語はなんでも珍しがって見物する好奇心の強いことをいう。[宇田敏彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

物見の関連キーワード青森県下北郡東通村尻屋檳榔庇の車・梹榔庇の車岩手県奥州市前沢区陣場檳榔庇の車四日の悪日物見遊山半庇の車小切り目清水一瓢飾り車白ばむ草屈り遊山所遊山旅半蔀車出し塀心付き覗き窓かまり大凡人

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

物見の関連情報