五文字付(読み)ごもじづけ

精選版 日本国語大辞典の解説

ごもじ‐づけ【五文字付】

〘名〙
雑俳様式の一つで、初期笠付の別名。五文字
※雑俳・西国船(1702)「抑、この五もし附といふ事は、元祿六とりのとし四月十一日、やつがれはじめて、吹簫軒におゐて興行せしぞかし」
② 笠付から派生した簡略体の雑俳様式。五文字題に五文字を付けるのを原則としたが、題も付句も字数にこだわらないようになった。大坂では単句とも呼んだ。五文字。
※洒落本・禁現大福帳(1755)一「或人五文字附(ゴモジヅケ)といへる事を翫(もてあそび)し時」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の五文字付の言及

【笠付】より

…〈待兼て〉というような5文字の題に〈わざと寝言にいふ嫁入(よめり)〉(《奈良土産》)のように7・5の句を付け,その付合を楽しむもの。古くは〈五文字付〉〈烏帽子付〉〈かしら付〉とも呼び,江戸では〈冠(かむり)付〉が多く用いられた。元来,連歌俳諧の句の仕立方の練習に行われた〈切句〉をヒントに,前句付(まえくづけ)の簡略体として,1693年(元禄6)ころ京都の雲鼓(うんこ)らが発明。…

【賭博】より

…そこでより多くの人々を引きつけるために,より簡便な,解答しやすい方法があみ出された。点者が5文字の句を出題して,7字と5字の合計12字の作句をする〈五文字付〉が考案された。たとえば点者が〈戸を明けて〉と出題し,これに〈ここではないぞ門違い〉と付句する。…

※「五文字付」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

栄典制度

社会に対する功労者の栄誉を表彰するために国法上与えられる特殊な地位に関する制度。大日本帝国憲法時代には,爵,位,勲章および褒章があり,その授与は天皇の大権事項であった(15条)。日本国憲法下にいたって...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android