コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

五甲龍成宮 ごこうりゅうせいきゅう

1件 の用語解説(五甲龍成宮の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

ごこうりゅうせいきゅう【五甲龍成宮】

台湾島南部の高雄(カオシュン)空港の近く(高雄県鳳山市)にある道教寺院。この寺院は300年以上にわたって、この地域の人々の信仰の中心となってきた。精緻(せいち)な石の彫刻は、中国から渡来した石工によるものである。◇その絢爛豪華な内装から「高雄の金閣寺」とも呼ばれている。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

五甲龍成宮の関連キーワード高雄カカオ脂高雄・高尾高雄曼荼羅秋田空港釧路空港しゅんしゅん那覇空港身替り お俊TPE

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone