コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

五甲龍成宮 ごこうりゅうせいきゅう

世界の観光地名がわかる事典の解説

ごこうりゅうせいきゅう【五甲龍成宮】

台湾島南部の高雄(カオシュン)空港の近く(高雄県鳳山市)にある道教寺院。この寺院は300年以上にわたって、この地域の人々の信仰の中心となってきた。精緻(せいち)な石の彫刻は、中国から渡来した石工によるものである。◇その絢爛豪華な内装から「高雄の金閣寺」とも呼ばれている。

出典|講談社世界の観光地名がわかる事典について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone