コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

五甲龍成宮 ごこうりゅうせいきゅう

世界の観光地名がわかる事典の解説

ごこうりゅうせいきゅう【五甲龍成宮】

台湾島南部の高雄カオシュン)空港の近く(高雄県鳳山市)にある道教寺院。この寺院は300年以上にわたって、この地域の人々の信仰の中心となってきた。精緻(せいち)な石の彫刻は、中国から渡来した石工によるものである。◇その絢爛豪華な内装から「高雄の金閣寺」とも呼ばれている。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android