コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

五百城入彦皇子 いおきいりひこのおうじ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

五百城入彦皇子 いおきいりひこのおうじ

記・紀にみえる景行天皇の皇子。
母は八坂入媛(やさかいりひめ)。景行天皇の80人の子のうち,日本武尊(やまとたけるのみこと),稚足彦(わかたらしひこの)尊(成務天皇)とともに太子(ひつぎのみこ)(皇太子)となる。「古事記」には五百木之入日子命とあり,品陀真若(ほんだまわかの)王の父という。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

五百城入彦皇子の関連キーワード五百城入姫皇女

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android