コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

五筆 ゴヒツ

デジタル大辞泉の解説

ご‐ひつ【五筆】

口に1本をくわえ、両手両足に各1本ずつ筆を持って同時に書をかくこと。昔、弘法大師が行ったという。
「―の芸をほどこし、さまざまの神異ありしかば」〈神皇正統記・嵯峨〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ごひつ【五筆】

両手・両足および口に筆をくわえて文字を書くこと。弘法大師が始めたという。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

五筆の関連キーワード空海/弘法伝説永字八法安藤大心容斎随筆

五筆の関連情報