五等親制(読み)ごとうしんせい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「五等親制」の解説

五等親制
ごとうしんせい

大宝,養老の儀制令にみえる親族制。親族関係の濃淡数値で示す点において,喪服精粗,服期の長短でこれを定める唐制と異なっている。しかし,その内容はだいたい,五服制に一致し,独自の改正点としては,妾を2等親とした等の数例がみられるにすぎない。五等親制は律令において,民事法のみではなく,における犯罪類型を定めるためにも重要な意味を有している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

動員令

〘名〙 旧制で、戦時または事変に際し、在郷軍人を召集する命令。※東京朝日新聞‐明治三七年(1904)二月四日「隠密に本国に於ては数個軍団に動員令を布きたる形跡あり」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android