五服制(読み)ごふくせい(英語表記)wu fu zhi

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「五服制」の解説

五服制
ごふくせい
wu fu zhi

旧中国においては,人の死亡に際してどの範囲の親族がどの程度のに服すべきかについて,礼制上の規定「服制」があって,親等に代る機能を果した。服の軽重は,着すべき喪服布地の精粗や裁縫様式と服すべき期間の長短とから,斬衰 (ざんさい) 3年,斉衰 (しさい) 3年,1年,5月,3月,大功9月,小功5月,し麻 (しま) 3月の5等級があり,合せて「五服」と称せられる。さらに軽い服として袒免 (たんもん) があるが,正式の服には数えられない。斉衰1年の喪に服する間柄を期親といい,以下,大功親,小功親,し麻親という。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

VAR

《video assistant referee》サッカーで、主審・線審のほかに試合を映像で確認する審判員。また、その制度。映像の確認中に検証が必要と判断した場合に無線で主審に伝え、主審はピッチ脇に用...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android