コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大宝 タイホウ

8件 の用語解説(大宝の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

たい‐ほう【大宝】

非常に貴い宝。重宝。至宝。

たいほう【大宝】[年号]

《「だいほう」とも》文武天皇の時の年号。701年3月21日~704年5月10日。

だい‐ほう【大宝】

仏語。
仏教の教え。
菩薩(ぼさつ)の異称。
密教の修法に使用する護摩壇の異称。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

たいほう【大宝】

この上なく尊く大切な宝。至宝。

たいほう【大宝】

年号(701.3.21~704.5.10)。慶雲の前。文武もんむ天皇の代。だいほう。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本の元号がわかる事典の解説

たいほう【大宝】

日本の元号(年号)。飛鳥時代の701年から704年まで、文武(もんむ)天皇の代の元号。前元号は朱鳥(しゅちょう)。次元号は慶雲(けいうん)。701年(文武天皇5)3月21日建元。686年(朱鳥1)の天武(てんむ)天皇の崩御後、15年間元号が定められなかったが、対馬より金の献上があったことから、大宝を定めて元号の使用が再開された。以後、元号は途切れることなく現在に至っている。また、この大宝を最初の元号とする説もある。701年(大宝1)には「大宝律令」が完成し、翌年には施行されている。また、702年(大宝2)には文武天皇への譲位後、太上天皇(上皇)として引き続き政務をとっていた持統(じとう)天皇が崩御している。◇「だいほう」とも読む。

だいほう【大宝】

⇒大宝(たいほう)

出典|講談社
日本の元号がわかる事典について | 情報

世界大百科事典内の大宝の言及

【元号】より

…大化以前において法隆寺金堂の釈迦三尊像の光背の銘や《伊予国風土記》逸文の道後温泉の碑文などによって法興という年号のあったことが知られるが,これは公式に定められたという徴証がなく,逸年号もしくは広い意味で私年号というべきであろう。650年(大化6)白雉と改元されたが,654年(白雉5)孝徳天皇の没後年号はとだえ,天武天皇の末年に朱鳥の年号が定められたが,これもあとが続かず,701年(文武5)に至り,対馬から金が貢上されたのを機に大宝の年号が建てられた。この建元と同日に新たに制定された令(いわゆる大宝令)の一部が施行された。…

※「大宝」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大宝の関連情報