民事法(読み)みんじほう

精選版 日本国語大辞典「民事法」の解説

みんじ‐ほう ‥ハフ【民事法】

〘名〙 民事に関する法の総称。民法商法民事訴訟法人事訴訟手続法など。⇔刑事法
※法と自由(1954)〈末川博〉日本の民主化と民事法の変転「普通一般の私的生活にかんする法律制度は、おおまかにいって、民事法という概念におさめてみることができるであろう」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典 第2版「民事法」の解説

みんじほう【民事法】

法律または法律学,あるいは司法制度における一定分野をさすのに用いられる語。技術的な用語として厳密な意味があるわけではないが,広い意味では,刑事法,すなわち犯罪およびその処罰に関する法領域(刑法刑事訴訟法など)との対比で用いられる。民法,商法,民事訴訟法,労働法などが,だいたいにおいて民事法に含まれる。私法と呼ばれる分野と重なり合うことが多いが,私法の語は,公法との対比で用いられるので,厳密には私法と同じではない(たとえば,民事訴訟法は民事法に属することに争いはないが,その性格は公法であるとされている)。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android