民事法(読み)みんじほう

  • みんじほう ‥ハフ
  • みんじほう〔ハフ〕

世界大百科事典 第2版の解説

法律または法律学,あるいは司法制度における一定分野をさすのに用いられる語。技術的な用語として厳密な意味があるわけではないが,広い意味では,刑事法,すなわち犯罪およびその処罰に関する法領域(刑法刑事訴訟法など)との対比で用いられる。民法,商法,民事訴訟法,労働法などが,だいたいにおいて民事法に含まれる。私法と呼ばれる分野と重なり合うことが多いが,私法の語は,公法との対比で用いられるので,厳密には私法と同じではない(たとえば,民事訴訟法は民事法に属することに争いはないが,その性格は公法であるとされている)。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 民事に関する法の総称。民法、商法、民事訴訟法、人事訴訟手続法など。⇔刑事法
※法と自由(1954)〈末川博〉日本の民主化と民事法の変転「普通一般の私的生活にかんする法律制度は、おおまかにいって、民事法という概念におさめてみることができるであろう」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android