民事法(読み)みんじほう

精選版 日本国語大辞典「民事法」の解説

みんじ‐ほう ‥ハフ【民事法】

〘名〙 民事に関する法の総称。民法商法民事訴訟法人事訴訟手続法など。⇔刑事法
※法と自由(1954)〈末川博〉日本の民主化と民事法の変転「普通一般の私的生活にかんする法律制度は、おおまかにいって、民事法という概念におさめてみることができるであろう」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「民事法」の解説

民事法
みんじほう

民法,商法のような私法実体法と,民事訴訟法,人事訴訟手続法,非訟事件手続法のような,手続法とを包含する法領域をいう。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉「民事法」の解説

みんじ‐ほう〔‐ハフ〕【民事法】

民事裁判の基礎となる実体法手続法の総称。民法商法民事訴訟法人事訴訟法など。→刑事法

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版「民事法」の解説

みんじほう【民事法】

法律または法律学,あるいは司法制度における一定分野をさすのに用いられる語。技術的な用語として厳密な意味があるわけではないが,広い意味では,刑事法,すなわち犯罪およびその処罰に関する法領域(刑法刑事訴訟法など)との対比で用いられる。民法,商法,民事訴訟法,労働法などが,だいたいにおいて民事法に含まれる。私法と呼ばれる分野と重なり合うことが多いが,私法の語は,公法との対比で用いられるので,厳密には私法と同じではない(たとえば,民事訴訟法は民事法に属することに争いはないが,その性格は公法であるとされている)。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android