コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

五重十操記 ごじゅうじっそうき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

五重十操記
ごじゅうじっそうき

雅楽の音楽理論書。著者未詳。平安時代末期から鎌倉時代初期にかけて成立したといわれる。「五重記」と「十操記」の2部よりなり,前者は雅楽の演奏に熟達するための心得を述べ,優れた芸術論を展開し,後者は笛の吹奏法を述べるのに,楽曲をリズムの点から分類して実際に即した演奏論を解説している。『続群書類従』管絃部所収。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

五重十操記の関連キーワード雅楽

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android