コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

五重奏 ゴジュウソウ

大辞林 第三版の解説

ごじゅうそう【五重奏】

室内楽の演奏形式の一。五つの声部から成る独奏楽器の合奏。弦楽四重奏に、弦楽器・管楽器・ピアノなどを一声部加える。クインテット。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

五重奏の関連キーワードシューベルト:3つのピアノ曲(即興曲)/piano soloクインテット[quintet / quintette]シュミット(Florent Schmitt)アンサンブル・ウィーン=ベルリンピーター・レビン シェイファーステファン グラッペリマリ‐クレール ジャメユナ・メエ カーライルピーター シェーファーV. スメターチェクジャックス ランスロアルス金管五重奏団パブロ シーグレルドル ポポヴィッチジャーマン・ブラス第一バイオリンスメターチェクシューベルトボッケリーニバルボトゥー

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

五重奏の関連情報