コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

井上佐一郎 いのうえ さいちろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

井上佐一郎 いのうえ-さいちろう

?-1862 幕末の武士。
土佐高知藩士。藩家老の吉田東洋にみとめられ監察吏となる。東洋が暗殺された文久2年,大坂下手人を探索中の8月2日岡田以蔵(いぞう)らに殺された。名は佐市郎ともかく。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

井上佐一郎

没年:文久2.8.2(1862.8.26)
生年:生年不詳
幕末の土佐(高知)藩士。吉田東洋の庇護を受ける。下横目の職務からも東洋を殺害した尊攘派の犯人の探索を続けた。藩主山内豊範に従って大坂に滞在中,岡田以蔵ら土佐藩尊攘派の手にかかって殺害された。

(井上勲)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

井上佐一郎の関連キーワード村田忠三郎久松喜代馬田内衛吉岡本次郎没年

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android