コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

井上佐一郎 いのうえ さいちろう

2件 の用語解説(井上佐一郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

井上佐一郎 いのうえ-さいちろう

?-1862 幕末の武士。
土佐高知藩士。藩家老の吉田東洋にみとめられ監察吏となる。東洋が暗殺された文久2年,大坂で下手人を探索中の8月2日岡田以蔵(いぞう)らに殺された。名は佐市郎ともかく。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

井上佐一郎

没年:文久2.8.2(1862.8.26)
生年:生年不詳
幕末の土佐(高知)藩士。吉田東洋の庇護を受ける。下横目の職務からも東洋を殺害した尊攘派の犯人の探索を続けた。藩主山内豊範に従って大坂に滞在中,岡田以蔵ら土佐藩尊攘派の手にかかって殺害された。

(井上勲)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

井上佐一郎の関連キーワード池上光則大利鼎吉奥村六石尾崎幸之進坂本瀬平沢村幸吉久松喜代馬森下儀之助柳井健次横山英吉

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone