コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

井上玄桐 いのうえ げんとう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

井上玄桐 いのうえ-げんとう

?-1702 江戸時代前期の儒者,医師。
はじめ寺井玄東と称し,医術を曲直瀬正盛(まなせ-しょうせい)の門にまなび,天和(てんな)2年水戸藩主徳川光圀(みつくに)のお抱えとなる。筆跡が似ていて光圀の代筆もつとめたという。光圀の没後郷里の京都にかえり,光圀の言行録「玄桐筆記」をあらわした。元禄(げんろく)15年死去。号は挹翠(ゆうすい)。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

井上玄桐の関連キーワード井上挹翠儒者

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android