コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

曲直瀬正盛 まなせ まさもり

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

曲直瀬正盛 まなせ-まさもり

まなせ-しょうせい

曲直瀬正盛 まなせ-しょうせい

1507-1594 戦国-織豊時代の医師。
永正(えいしょう)4年9月18日生まれ。仏門にはいり足利学校で諸学を,田代三喜に李朱(りしゅ)医学をまなぶ。還俗(げんぞく)して京都で医を業とし,学舎啓迪(けいてき)院をひらく。和歌,茶湯にも通じ,足利義輝(よしてる),織田信長,豊臣秀吉らに厚遇された。天正(てんしょう)11年後陽成(ごようぜい)天皇から今大路の家号をあたえられた。文禄(ぶんろく)3年1月4日死去。88歳。京都出身。本姓は堀部。別名に正慶。字(あざな)は一渓。通称は道三。号は翠竹院など。著作に「啓迪集」など。
【格言など】養生するは,死を善くせんがためなり(「養生物語」)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

曲直瀬正盛の関連キーワード曲直瀬道三(初代)フィゲイレド道三(初代)曲直瀬正琳施薬院全宗曲直瀬玄朔五十川了庵曲直瀬正慶曲直瀬正純今大路正盛田代三喜井上玄桐

今日のキーワード

内密出産

ドイツで2013年に法律が制定され、14年から実施されている妊婦支援の制度。母親は相談機関に実名で相談し身元を明かす証書を封印して預け、医療機関では匿名で出産する。子は原則16歳になったら出自を知るこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android