代筆(読み)だいひつ

精選版 日本国語大辞典の解説

だい‐ひつ【代筆】

〘名〙 本人に代わって手紙や書類を書くこと。また、それをする人。代書。
※有馬則頼ほか七人宛利休書簡‐(天正一六年)(1588)九月一九日「一筆にくたびれ申候まま、代筆にて申候間」 〔湧幢小品‐巻七・断么絶六〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

だい‐ひつ【代筆】

[名](スル)本人に代わって書くこと。代書。「母の手紙を代筆する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例