井上義雄(読み)いのうえ よしお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

井上義雄 いのうえ-よしお

1862-1920 明治-大正時代の将棋棋士。
文久2年生まれ。大阪名人といわれた小林東伯斎8段に師事,8段にすすむ。将棋同志会を結成し,のちの名人関根金次郎に対抗。棋界で小野五平名人の後継に推す動きもあったが,大正9年8月5日死去。59歳。山城(京都府)出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

井上義雄の関連情報