コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

関根金次郎 せきねきんじろう

7件 の用語解説(関根金次郎の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

関根金次郎
せきねきんじろう

[生]明治1(1868).千葉
[没]1946
将棋棋士。 13世名人。 1905年8段に昇段,21年名人に就位。 35年に終世名人制をみずから廃し,実力名人制を創設。また,多くの門弟を育て,「近代将棋の父」といわれる。関西の坂田三吉との名勝負はよく知られる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

せきね‐きんじろう〔‐キンジラウ〕【関根金次郎】

[1868~1946]将棋棋士。13世名人。千葉の生まれ。10世名人伊藤宗印に入門。江戸初期からの世襲制名人位を返上、実力名人位への橋渡しをした。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

関根金次郎【せきねきんじろう】

将棋棋士。千葉県生れ。12歳で上京し,11世名人伊藤宗印に師事。1905年8段に昇段。井上義雄坂田三吉との対局が人気を呼び,衰微していた棋界の復興に貢献した。
→関連項目木村義雄将棋

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

関根金次郎 せきね-きんじろう

1868-1946 明治-昭和時代前期の将棋棋士。
慶応4年4月1日生まれ。11世名人伊藤宗印に入門。明治38年8段。坂田三吉らと対局,大正10年13世名人となる。昭和10年江戸時代以来の終生名人制を廃止してみずから引退,実力名人制を発足させた。弟子に木村義雄ら。昭和21年3月12日死去。79歳。下総(しもうさ)関宿(千葉県)出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

せきねきんじろう【関根金次郎】

1868‐1946(明治1‐昭和21)
第13世将棋名人。千葉県に生まれる。12歳で11世名人伊藤宗印に入門,1905年八段,21年に名人位に就く。明治期の将棋界衰微を体験したため棋界の団結を望み,24年の東京将棋連盟結成に尽力した。35年世襲制名人を廃止し実力による名人位を提唱,自発的に引退して近代的な制度確立の範を示した。これにより約300年続いた将棋の家元制度は廃止され,将棋界発展の基礎がつくられた。【増川 宏一】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

せきねきんじろう【関根金次郎】

1868~1946) 第一三世将棋名人。千葉県生まれ。名人位の世襲制を廃止し、実力名人制を新設。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

関根金次郎
せきねきんじろう
(1868―1946)

将棋棋士。千葉県東宝珠花(ひがしほうしゅばな)(現野田市)の生まれ。11歳で11世伊藤宗印名人に入門。棋界の不振時代に全国を行脚(あんぎゃ)、修行し、弟子の発掘に尽くした。1905年(明治38)8段、21年(大正10)13世名人となる。35年(昭和10)名人世襲制度を捨て、自ら引退して実力名人制を実施し、現代に続く新聞棋戦を確立した。親分肌で人間味にあふれ、対阪田三吉戦をはじめ棋道行脚に数多くの逸話を残す。後進の育成にも尽力し、門下には土居市太郎、金易二郎(こんやすじろう)、花田長太郎、木村義雄(よしお)など名棋士を出している。直門に限らず明治・大正生まれの棋士には彼に指導感化された者が多い。関根流の「春風のやうにさらりと指すべし」の名人戦講評、泰然とした正座対局、あふれる人情味は、大名人の風格があった。野田市東宝珠花に将棋の駒をかたどった墓碑がある。[原田泰夫]
『木村義雄他監修『日本将棋大系13』(1980・筑摩書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の関根金次郎の言及

【将棋】より

…小野の名人就位は家元制度の廃止であったが,直ちに他の将棋師や愛棋家から異議を申したてられたように,明治後半期の将棋界の混迷と不統一を端的に示している。1905年当時最強の将棋師といわれた関根金次郎が12代大橋宗金の免許で八段になり,免状発行権利の委譲をうけた。08年国民新聞と万朝報(よろずちようほう)が将棋欄を設けたので将棋への関心は高まったが,翌09年棋譜掲載の独占をねらって万朝報が〈将棋同盟会〉をつくると,国民新聞も対抗して井上義雄八段らによる〈将棋同志会〉を結成した。…

※「関根金次郎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

関根金次郎の関連キーワード木村義雄大山康晴大橋宗桂伊藤宗看準名人千葉県旭市イ伊藤宗看(2)井上義雄大橋宗与(2)塚田正夫

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

関根金次郎の関連情報