コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

井伊直勝 いい なおかつ

1件 の用語解説(井伊直勝の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

井伊直勝 いい-なおかつ

1590-1662 江戸時代前期の大名。
天正(てんしょう)18年生まれ。井伊直政の長男。父の跡をつぎ,慶長7年近江(おうみ)(滋賀県)佐和山城主。8年彦根山に築城を開始,のち彦根城にうつる。徳川家康の命により彦根藩主を異母弟の直孝(なおたか)にゆずり,3万石を分与され,20年上野(こうずけ)(群馬県)安中藩主井伊家初代となる。このとき直継(なおつぐ)から直勝に改名した。寛文2年7月11日死去。73歳。遠江(とおとうみ)(静岡県)出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の井伊直勝の言及

【安中[市]】より

…群馬県南西部の市。1955年安中,原市,磯部,板鼻の4町と後閑,東横野,岩野谷,秋間の4村が合体して安中町となり,1958年に市制。人口4万7079(1995)。利根川の支流碓氷川流域の下流部を占め,中山道の要地で,市域内に板鼻,安中,原市の3宿があった。中心地の安中は旧城下町から発展し,市場町でもあった。1893年信越本線開通後は養蚕業の中心となり,その後安中駅南側の丘陵地の東邦亜鉛安中製錬所(1937設立)と,磯部駅近くの信越化学の工場を中心に工業化が進んだ。…

【井伊氏】より

…江戸時代の譜代大名の重鎮。浜名湖北辺井伊谷(いいのや)を出身とする遠江の名族である。井伊氏をはじめて名のったのは,系図上,共保(ともやす)のころ(寛弘~寛治。11世紀)といわれるが検討の要がある。おそらく鎌倉時代にいたって在地で武士団を形成し,南北朝内乱時では遠江の国人領主として注目される存在となっていた。井伊氏の活動が歴史上,具体的になるのは戦国争乱期である。家譜によれば,直宗,直盛は今川義元に仕え織田氏との合戦で戦死した。…

【彦根藩】より

…近江国(滋賀県)彦根に藩庁を置いた譜代大藩。1600年(慶長5)関ヶ原の戦で東軍の軍奉行(いくさぶぎよう)として戦功のあった徳川四天王の一人井伊直政は,翌01年石田三成にかわり佐和山城主に封じられ,近江国で15万石,上野国で3万石,計18万石の大名となった。02年直政は戦傷がもとで死去,嫡子直継は翌03年彦根山に築城工事を起こし,7ヵ国12大名の御手伝普請により22年(元和8)20年の歳月をかけ,彦根城の完成をみた。…

※「井伊直勝」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

井伊直勝の関連キーワード滝川正利大関増親五島盛暢高木正豊西尾嘉教丹羽氏信松平定頼松平重正水野勝貞毛利高重

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone