コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

清代美術 しんだいびじゅつ

1件 の用語解説(清代美術の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

しんだいびじゅつ【清代美術】

数千年にわたって続いた中国王朝制度の最後に登場した清朝は,美術史のうえでも終末的な役割を果たして歴史の幕を閉じたといえる。清朝滅亡以後,中華民国や現在の中華人民共和国では再び同じ構造で伝統を継承し,追求することがもはやありえないことからも,清朝の美術は,長いあいだ展開を続けてきた古典主義の終焉ともいえる段階にあたり,その歴史にかつてない大きな時代区分を与えている。 清朝300年の美術の消長は,王朝の文運,国家権力の推移と歩みを一にしているといえよう。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

清代美術の関連キーワード傾斜家賃制度息が長い鼬の最後っ屁至って納会法華涅槃時其処となし建て続くのれん(暖簾)台湾と中国

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone