コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

井口省吾 いぐち しょうご

2件 の用語解説(井口省吾の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

井口省吾 いぐち-しょうご

1855-1925 明治-大正時代の軍人。
安政2年8月10日生まれ。ドイツに留学後,母校の陸軍大学校教官となる。日清戦争で第二軍参謀,日露戦争では児玉源太郎の下で満州軍参謀をつとめた。のち陸軍大学校校長,朝鮮駐箚(ちゅうさつ)軍司令官。大正5年陸軍大将。大正14年3月4日死去。71歳。駿河(するが)(静岡県)出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

井口省吾

没年:大正14.3.4(1925)
生年:安政2.8.10(1855.9.20)
明治大正期の陸軍軍人。沼津兵学校小学集成舎,同人社を経て明治8(1875)年陸軍士官学校に入学,12年砲兵少尉,近衛砲兵連隊付となり,17年陸軍大学校に入学,19年同大学校教授。20年5月から23年までドイツに留学,留学中ヨーローパ視察中の山県有朋と藩閥問題で議論,山県の激怒を買った。しかし参謀本部と陸大のエリートコースを交互に歩くことができたのは,井口の能力を山県でさえ無視できなかったためといわれる。日清戦争(1894~95)中は,大山巌の率いる第2軍の参謀を務め,最も重要な作戦主任として大山を助けた。34年軍務局砲兵課長兼軍事課長となり,35年少将・参謀本部総務部長という参謀総長コースに乗った。日露戦争(1904~05)では大山に請われて満州軍総司令部参謀となり,総参謀長児玉源太郎を助けた。39年陸大校長に就任,ここで長州関係の教官を追い出し,採用しなかったので強い反感を買う。大正1(1912)年第15師団長などを経て5年大将に昇ったが,9年後備役。<参考文献>松下芳男『近代日本軍人伝』

(田中宏巳)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

井口省吾の関連キーワード江原素六荒川重平大築尚志河村正彦黒田久孝児島惣次郎篠尾明済津野田是重仁田原重行畑英太郎