コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

児玉源太郎 こだま げんたろう

9件 の用語解説(児玉源太郎の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

児玉源太郎

陸軍大将。山口県生。徳山藩士児玉半九郎忠硯の長男。号は藤園。日清・日露戦争では参謀・参謀長として活躍、その智謀をうたわれた。第四次伊藤・第一次桂内閣の陸相。明治39年(1906)歿、55才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

こだま‐げんたろう〔‐ゲンタラウ〕【児玉源太郎】

[1852~1906]軍人。陸軍大将。徳山藩出身。陸軍大学校校長として、ドイツの軍制・戦術の移植に努め、台湾総督・陸相・内相などを歴任、日露戦争時は満州軍総参謀長、のち参謀総長

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

児玉源太郎【こだまげんたろう】

明治の軍人,陸軍大将。周防(すおう)国徳山藩士の出。戊辰戦争参加後,兵学寮を経て将校となり,佐賀の乱西南戦争に従軍。1885年参謀本部第一局長,さらに陸軍大学校長も兼任し,ドイツ式戦術の導入,歩兵操典改正等に当たる。
→関連項目台糖[株]メッケル山県有朋

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

児玉源太郎 こだま-げんたろう

1852-1906 明治時代の軍人。
嘉永(かえい)5年閏(うるう)2月25日生まれ。明治20年陸軍大学校初代校長となり軍制を整備。陸軍次官,台湾総督,陸相,内相,文相などを歴任。日露戦争では満州軍総参謀長をつとめ,大山巌(いわお)満州軍総司令官を補佐。39年参謀総長。陸軍大将。明治39年7月23日死去。55歳。死後伯爵。周防(すおう)(山口県)出身。幼名は百合若,健。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

児玉源太郎

没年:明治39.7.23(1906)
生年:嘉永5.閏2.25(1852.4.14)
明治期の陸軍軍人。徳山藩(徳山市)藩士児玉半九郎とモトの長男。幼名百合若。5歳で父が病死,長姉の夫巌之丞(次郎彦)が家督を相続,父親代わりともなる。元治1(1864)年その義兄が藩内の「俗論派」(旧守派)のために暗殺され,一時児玉家は廃絶,のち「正義派」(急進派)が優勢となるにおよび,源太郎を家長として再興した。初陣は慶応3(1867)年の東征で,献功隊の半隊司を務め,東北,北海道に転戦。軍人には珍しい短躯であったが,天性の機敏と胆力,的確ですばやい判断力と指導力で,頭角を現した。薩長のバックなしでも栄達できた数少ない人物で,明治7(1874)年佐賀の乱,9年神風連の乱で見せた手腕は,並外れた実力をもつ軍人であったことを物語る。熊本鎮台幕僚参謀副長になった直後に西南戦争(1877)が勃発,負傷した樺山資紀に代わり参謀長格で熊本籠城を指揮,後世の語り草となる活躍で薩摩軍を撃退した。東京鎮台第2連隊長を経て18年参謀本部管東局長,比較的遅い中央入りであった。以後参謀本部第1局長,監軍部参謀長,陸軍大学校校長,陸軍次官等中央の要職に就いた。中央ではライン業務のほかに必ず各種委員を兼ねるのが普通で,臨時陸軍制度審査委員,軍事電信材料改良委員,輜重車両審査委員長などを歴任,制度改革や新兵器採用に大きな役割を果たした。日本ではラインを重視するが,組織や装備の改善計画は委員会から提案されるのが普通で,ことにメッケル少佐を顧問とした新制度導入も児玉を座長とする委員会から発案された。31~39年まで台湾総督を務め,この間第4次伊藤博文内閣の陸相,第1次桂太郎内閣の内相などのほか37年大将に進み,日露戦争(1904~05)では,満州軍総司令官大山巌の下で総参謀長を兼務した。江の島(藤沢市)の児玉神社の建立賛助者が大部分台湾で活動した民間の日本人だったことは,児玉の支持層を示すものとして注目されよう。日露戦争の旅順攻略などでみせた軍人としての手腕のみでなく,行政家としても評価する必要がある。<参考文献>杉山茂丸『児玉大将伝』

(田中宏巳)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

こだまげんたろう【児玉源太郎】

1852‐1906(嘉永5‐明治39)
明治期の陸軍軍人。日露戦争時の満州軍総参謀長として陸軍作戦指導の中心人物。徳山藩士児玉半九郎の子で戊辰戦争参加後,兵学寮をへて将校となり,西南戦争では熊本鎮台参謀として谷干城を助けて熊本城に籠城。軍制改革では陸軍大学校創設運営の中心となってメッケルの戦術を導入し,参謀養成教育を確立する。日清戦争では陸軍次官兼軍務局長として大山巌陸軍大臣軍司令官として出征中の軍政の責任者であった。第4代台湾総督として台湾の反乱鎮圧に成功,陸軍大臣,内務大臣文部大臣を兼任後,対ロシア戦争に備えて参謀次長に就任。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

こだまげんたろう【児玉源太郎】

1852~1906) 軍人。徳山藩出身。陸軍大将。陸軍大学校長・台湾総督・陸相などを経て、日露戦争の満州軍総参謀長。のち参謀総長となる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

児玉源太郎
こだまげんたろう

[生]嘉永5(1852).2.25. 徳山
[没]1906.7.23. 東京
陸軍軍人。父は徳山藩士。戊辰 (ぼしん) 戦争などに参加したのち,明治2 (1869) 年に大阪兵学寮に入り,1881年准少尉。西南戦争に参加。 85年参謀本部第一局長として陸軍兵制の近代化を進めた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

児玉源太郎
こだまげんたろう
(1852―1906)

明治時代の陸軍軍人。嘉永(かえい)5年閏(うるう)2月25日、徳山藩士児玉半九郎の長男に生まれる。戊辰(ぼしん)戦争には東北、箱館(はこだて)に出陣。維新後陸軍に入り、士族反乱の鎮圧に活躍。1885年(明治18)参謀本部第一局長、1887年陸軍大学校長としてドイツ人メッケル少佐とともに近代軍制整備に尽力。1891年ヨーロッパ視察、翌1892年帰国し、陸軍次官兼軍務局長。日清戦争には大本営陸軍参謀となり、戦功により男爵を授けられる。1898年台湾総督となり1906年(明治39)まで在任。この間、1900年から1902年まで陸軍大臣、1903年には内務大臣、文部大臣を兼任した。同年参謀次長、翌1904年陸軍大将に進む。日露戦争には満州軍総参謀長として出征。戦後1906年参謀総長となり子爵に陞爵(しょうしゃく)。満鉄設立委員長となるも、まもなく同年(明治39)7月23日病没。軍略、政略に優れ、知将としての名声が高かった。[由井正臣]
『宿利重一著『児玉源太郎』(1942・国際日本協会)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の児玉源太郎の言及

【日露戦争】より

…陸軍部隊は韓国領内を北上し,5月鴨緑江を渡った最初の戦闘でロシア軍を敗退させ,また南山の戦でも激戦の末に優位を占めた。6月に満州軍総司令部が編成され,総司令官に大山巌,総参謀長に児玉源太郎を任命し,その下に第1軍から第4軍が統轄されることになった。8月末から9月初めの遼陽の戦は,日露両軍が総力を結集した戦闘となり,双方ともに2万名以上の損害を出すという激戦となり,ここでもロシア軍は後退したが,日本軍の被った打撃も深刻なものがあった。…

※「児玉源太郎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

児玉源太郎の関連キーワード徳山石徳山宣鑑徳山市山口県周南市徳山徳山〈市〉坂田虎之助土屋光春畑英太郎真鍋斌山岡熊治

今日のキーワード

ポケモンGO

2016年7月6日に米国・オーストラリア・ニュージーランドで配信開始となったスマートフォン用AR(仮想現実)モバイルゲーム。開発・発売元はNiantic,Inc.(ナイアンティック)で、株式会社ポケモ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

児玉源太郎の関連情報