コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

井関家重 いぜき いえしげ

1件 の用語解説(井関家重の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

井関家重 いぜき-いえしげ

1581-1657 江戸時代前期の能面師。
天正(てんしょう)9年生まれ。井関家久の長男。井関玄説(げんえつ)の父。近江(おうみ)(滋賀県)の人。「河内彩色」とよばれる独創的な彩色法をあみだし,「天下一」の称号をゆるされた。のち京都をへて江戸にうつった。近江井関家3代とする説が有力。家重の技は高弟大宮真盛(まさもり)がつぐ。明暦3年4月20日死去。77歳。通称は河内大掾(かわちのだいじょう)。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

井関家重の関連キーワード火消地質学幡随院長兵衛幡随院長兵衛江戸NPO阿賀川梅津政景日記和蘭帝釈山脈

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone