コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

井関玄説 いぜき げんえつ

2件 の用語解説(井関玄説の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

井関玄説 いぜき-げんえつ

1618-1699 江戸時代前期の医師。
元和(げんな)4年生まれ。母は林市之進の娘。近江(おうみ)(滋賀県)の人。曲直瀬玄朔(まなせ-げんさく)にまなび,博識で井上玄徹とならび称された。幕府の奥医師,法眼(ほうげん)。元禄(げんろく)12年5月2日死去。82歳。名は常甫(つねはる)。号は養真庵。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

井関玄説

没年:元禄12.5.2(1699.5.30)
生年:元和4(1618)
江戸前期の幕府医官。名は常甫,号は養真庵。近江(滋賀県)の人。父は甫重,妻は林市之進(京都の名医)の娘。江戸で曲直瀬玄朔に医を学ぶ。博覧多識をもって知られ,井上玄徹と並び称された。寛文6(1666)年召されて将軍徳川家綱に謁見。延宝1(1673)年法眼に叙せられた。細川興隆徳川頼宣などの諸大名の治療に腕をふるったと伝えられるが,今日その著述は伝存していない。以後子孫(祐甫―政甫―職甫―俊甫―照甫―修甫)は代々玄説を襲称し,幕府医官を勤めた。

(小曾戸洋)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

井関玄説の関連キーワード林春斎下馬将軍小原西酉坂士仏渋江直治林良適御薗中渠山田宗円(1)山田正信友我

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone