亜熱帯モード水(読み)あねったいモードすい(英語表記)Subtropical Mode Water

海の事典「亜熱帯モード水」の解説

亜熱帯モード水

水温・塩分の値がほぼ一定の水が広く厚く分布しているものをモード水と呼ぶ。北大西洋サルガッソー海付近に、数百mの厚さを持った水温約18℃、塩分 36.4~36.5psuの水が広く分布しており、これを北大西洋の亜熱帯モード水または、18℃ウオーターと呼ぶ。太平洋でも黒潮の外側の海域に、 17℃前後の水温を持つ同様のモード水が見られ、北太平洋亜熱帯モード水と呼ばれている。 (永田

出典 (財)日本水路協会 海洋情報研究センター海の事典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「亜熱帯モード水」の解説

亜熱帯モード水
あねったいモードすい
subtropical mode water

太平洋の亜熱帯循環系の中心海域に広く分布する表層水塊。増沢譲太郎によって名づけられた (1969) 。水温は 17℃前後,塩分は 34.75‰程度で時計回りの大環流 (500~1000kmの直径) を伴う。大西洋ではサルガッソー海の「18℃水」がこれに相当する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ケッペンの気候区分

ケッペンが1918年に考案した世界の気候区分法。植物分布に注目し、熱帯気候(符合A)・乾燥気候(B)・温帯気候(C)・冷帯気候(D)・寒帯気候(E)に区分した。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android