コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

交引舗 こういんぽjiao-yin-pu; chiao-yin-p`u

1件 の用語解説(交引舗の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

交引舗
こういんぽ
jiao-yin-pu; chiao-yin-p`u

中国,宋代の交引 (手形) を取扱う金融業者。専売益金を扱う京師榷貨務 (かくかむ) の監督下に組合を結成していた。在京米行商 (北商) が辺境に米を納め,代金として交引を受取り京師に持帰ると,交引舗は行商であることを証明し,米行商は証明書と交引を京師 榷貨務に持参し,初めて現金を受取る。行商でないときは交引を安値で買上げ,塩,茶商人など南商に高く売りつけた。交引の値を操作して全国の商人を押え,政府に対して大きな影響力をもった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone