コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

交感神経芽細胞腫 こうかんしんけいがさいぼうしゅsympathoblastoma

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

交感神経芽細胞腫
こうかんしんけいがさいぼうしゅ
sympathoblastoma

胎児性交感神経腫ともいう。乳児副腎交感神経節などから発生するまれな腫瘍。発育が急速で,気づいたときは腹部全体を占めるぐらいに巨大となっていることが多い。予後はきわめて不良である。放射線照射が効果があるが,完全に治癒させることは困難で,手術療法と組合せて用いるのがよく,転移しているときには制癌剤が使用される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android