コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

交感神経芽細胞腫 こうかんしんけいがさいぼうしゅ sympathoblastoma

1件 の用語解説(交感神経芽細胞腫の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

交感神経芽細胞腫
こうかんしんけいがさいぼうしゅ
sympathoblastoma

胎児性交感神経腫ともいう。乳児の副腎や交感神経節などから発生するまれな腫瘍。発育が急速で,気づいたときは腹部全体を占めるぐらいに巨大となっていることが多い。予後はきわめて不良である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

交感神経芽細胞腫の関連キーワード交感神経節神経芽腫下痢止剤交感神経系交感神経興奮剤パラガングリオン副交感神経系副交感神経遮断薬免疫交感神経切除カテコラミン

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone