コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

交戦法規 こうせんほうきlaws of warfare

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

交戦法規
こうせんほうき
laws of warfare

戦時国際法のなかで,交戦国間の戦闘行為,戦争犠牲者の待遇財産取扱いなどを規律する国際法規。中立法規対称する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

こうせん‐ほうき〔カウセンハフキ〕【交戦法規】

戦時国際法上、交戦国相互の関係を規律する法規総称

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こうせんほうき【交戦法規】

戦時国際法のうち、交戦国間の戦闘の手段・方法の規制及び戦争犠牲者の保護などについて定める法規の総称。 → 国際人道法

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の交戦法規の言及

【国際法】より

…つまり,根底においては,国際法が今日の国際社会の秩序の基礎を与えているということができる。また,戦争などの国家による力の行使は,交戦法規と呼ばれる一連の国際法の規律(たとえば,加害方法や加害対象の制限,捕虜や傷病兵に対する人道的取扱いなど)のもとに行われるのであって,けっして無法状態を意味するものではない。もっとも,国際社会は,国内社会のように統一的権力のもとで法が定立,施行されるものではないから,そこにおける法のあり方には,国内法秩序とは異なる面が多くあることも事実である。…

【戦時国際法】より

…戦時に諸国間に適用される国際法規の総称であり,平時に諸国間の関係を規律するいわゆる平時国際法(国際法)と対置される概念である。戦時国際法は戦争状態を前提とし,その状態の下で交戦国間の敵対行為等を規制する戦争法規ないし交戦法規と,交戦国と中立国間に適用される中立法規とからなる(中立)。 国際法は,沿革的には中世末期以来まずヨーロッパの騎士道精神やキリスト教の影響の下に,またローマ法や教会法の諸概念を援用しつつ,戦争法規として形成されはじめた。…

※「交戦法規」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

交戦法規の関連キーワード対人地雷全面禁止条約通常戦力の規制人道に対する罪戦争(war)長距離封鎖国際人道法交戦資格戦闘法規相互主義戦時規約戦時反逆戦争犯罪群民蜂起戦時復仇戦争法規承認軍縮復仇民兵

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android