コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

戦時国際法 せんじこくさいほうinternational law of war

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

戦時国際法
せんじこくさいほう
international law of war

戦時における国家間の関係を規律する法。伝統的な分類によれば国と国との関係を規律する法 (国際法) のうち,平時における法を平時国際法 (平時法または単に国際法) ,戦時における法を戦時国際法 (戦時法) という。戦時国際法は,戦闘方法や交戦国国民の財産・通商関係,中立国の権利義務などを規定する戦争における法 jus in belloの総体である。戦時国際法は,交戦国相互の関係にかかる交戦法規および交戦国と中立国との関係にかかる中立法規に分れ,交戦法規はさらに害敵手段の制限などに関する法規 (ハーグ法) と戦争犠牲者などの保護に関する法規 (ジュネーブ法) に分れる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

せんじ‐こくさいほう〔‐コクサイハフ〕【戦時国際法】

戦時における国際法の総称。交戦国相互間の関係を規定した交戦法規と、交戦国と中立国との関係を規定した中立法規とがある。戦時国際公法。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

戦時国際法【せんじこくさいほう】

戦時に適用される国際法。平時国際法に対比していう。交戦手段に人道的制限を加え,第三国の利益保護のため,交戦国が平時国際法のわくを越えて行動する権利を制約しようとするもの。
→関連項目開戦国際法戦争東京裁判民間軍事会社

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

せんじこくさいほう【戦時国際法】

戦時に諸国間に適用される国際法規の総称であり,平時に諸国間の関係を規律するいわゆる平時国際法(国際法)と対置される概念である。戦時国際法は戦争状態を前提とし,その状態の下で交戦国間の敵対行為等を規制する戦争法規ないし交戦法規と,交戦国と中立国間に適用される中立法規とからなる(中立)。 国際法は,沿革的には中世末期以来まずヨーロッパの騎士道精神やキリスト教の影響の下に,またローマ法や教会法の諸概念を援用しつつ,戦争法規として形成されはじめた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

せんじこくさいほう【戦時国際法】

戦時に適用される国際法の総称。交戦国間の関係を定める交戦法規および交戦国と中立国間の関係を定める中立法からなる。戦時国際公法。戦時公法。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

戦時国際法
せんじこくさいほう
international law of war

伝統的に国際法は平時国際法と戦時国際法とからなるものとされてきた。戦争が自由に行われたのと対応して、戦時には平時と異なる特殊な国際法が妥当するものとされた。中世から発達を始め、1907年のハーグ平和会議で、かなりの部分が条約化された。戦時国際法は交戦法規と中立法規からなる。交戦法規が交戦国相互の間の関係を規律するのに対し、中立法規は交戦国と中立国の関係を規律する。最近では戦争そのものが国際法上で禁止されているから、従来の戦時国際法がそのまま現在でも妥当するかは問題である。とくに中立法規は第一次世界大戦以来、ほとんど典型的な形では適用される場を失っている。それに反して、交戦資格、捕虜や傷病兵の待遇、文化財の保護、無差別攻撃の排除、毒ガスなど特定兵器の禁止を含む交戦法規は現在いっそう重要性を増している。1949年のジュネーブ諸条約や77年の追加議定書は、それに関するもっとも顕著な国際立法である。[石本泰雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の戦時国際法の言及

【国際法】より

…以前は,戦時法と平時法がほぼ同じくらいの比重で扱われたが,最近は,〈戦争の違法化〉の動きに伴い,戦時法の占める比重が小さくなってきている。 戦時法は戦争法ともいい,広くは,戦争に関する法すべてを含むが,普通は,戦時における交戦国や中立国の権利,義務を規定する戦時国際法jus in belloのみをさし,戦争を始めることが適法かどうかを定める法jus ad bellumは除外されることが多い。その場合は,戦争の当不当の問題は,平時法の中の紛争処理法の中で扱われることになる。…

※「戦時国際法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

戦時国際法の関連キーワードハーグ陸戦法規人道に対する罪無差別戦争観松波 仁一郎立 作太郎ダムダム弾松波仁一郎有賀 長雄信夫 淳平無差別爆撃カイテル原爆訴訟戦闘法規陸戦法規宮崎繁樹交戦団体信夫淳平立作太郎田岡良一公平義務

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

戦時国際法の関連情報