交通事故傷害保険(読み)コウツウジコショウガイホケン

デジタル大辞泉の解説

こうつうじこ‐しょうがいほけん〔カウツウジコシヤウガイホケン〕【交通事故傷害保険】

交通事故や建物・乗り物火災などによるけがの治療費などを補償する保険

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

保険基礎用語集の解説

交通事故傷害保険

被保険者が、日本国内で次の事故により傷害を被った場合に保険金を支払う保険を指します。?運行中の交通乗用具との衝突、接触等?運行中の交通乗用具に搭乗中または電車等の駅構内での事故?道路通行中の建造物の倒壊、崖崩れ、火災等、?建物火災。保険金の種類には、死亡保険金、後遺障害偶換金、入院保険金、手術保険金および通院保険金があります。特約により、損害籍慣賽任に対しても保険金が支払われます。

出典 みんなの生命保険アドバイザー保険基礎用語集について 情報

今日のキーワード

日米安全保障条約

1951年9月8日に対日講和条約と同時に署名された「日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約」Security Treaty between Japan and the United States ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android