コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

交通事故傷害保険 コウツウジコショウガイホケン

3件 の用語解説(交通事故傷害保険の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

こうつうじこ‐しょうがいほけん〔カウツウジコシヤウガイホケン〕【交通事故傷害保険】

交通事故や建物・乗り物火災などによるけがの治療費などを補償する保険。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

保険基礎用語集の解説

交通事故傷害保険

被保険者が、日本国内で次の事故により傷害を被った場合に保険金を支払う保険を指します。?運行中の交通乗用具との衝突、接触等?運行中の交通乗用具に搭乗中または電車等の駅構内での事故?道路通行中の建造物の倒壊、崖崩れ、火災等、?建物火災。保険金の種類には、死亡保険金後遺障害偶換金、入院保険金手術保険金および通院保険金があります。特約により、損害籍慣賽任に対しても保険金が支払われます。

出典|みんなの生命保険アドバイザー
(C) Power Planning Inc. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

交通事故傷害保険の関連キーワード傷害保険被保険物国内航空傷害保険国内旅行傷害保険傷害特約災害補償保険PTA団体傷害保険普通傷害保険市民交通傷害保険学生教育研究災害傷害保険

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

交通事故傷害保険の関連情報