コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

交響的変奏曲

デジタル大辞泉プラスの解説

交響的変奏曲

イギリスの舞踊家・振付家フレデリック・アシュトンによるバレエ(1946)。原題《Symphonic Variations》。『シンフォニック・ヴァリエーション』とも呼ばれる。初演はサドラーズ・ウェルズ・バレエ団(ロイヤル・バレエ団の前身)。音楽はセザール・フランクのピアノと管弦楽のための同名作品を使用。

交響的変奏曲

ベルギー生まれの作曲家セザール・フランクのピアノと管弦楽のための作品(1885)。原題《Variations symphoniques》。フランク自身によるピアノ二重奏向けの編曲もある。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

交響的変奏曲の関連キーワードフランク(César Franck)シンフォニック・ヴァリーション大木 正夫

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android