コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

交響的変奏曲

デジタル大辞泉プラスの解説

交響的変奏曲

イギリスの舞踊家・振付家フレデリック・アシュトンによるバレエ(1946)。原題《Symphonic Variations》。『シンフォニック・ヴァリエーション』とも呼ばれる。初演はサドラーズ・ウェルズ・バレエ団(ロイヤル・バレエ団の前身)。音楽はセザール・フランクのピアノと管弦楽のための同名作品を使用。

交響的変奏曲

ベルギー生まれの作曲家セザール・フランクのピアノと管弦楽のための作品(1885)。原題《Variations symphoniques》。フランク自身によるピアノ二重奏向けの編曲もある。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

交響的変奏曲の関連キーワードフランク(César Franck)シンフォニック・ヴァリーション大木 正夫

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android